ロイヤルズが球団売却へ。レイズ所属選手の家族が殺害される。

noteに8/28公開した記事です。

 

◯ロイヤルズが球団売却に向け交渉中
2015年にワールドシリーズを制覇したロイヤルズだが、オーナーのデビッド・グラス氏(現在83歳)が球団売却に向け交渉をしているとケン・ローゼンタール氏とジェフ・パッサン氏が伝えている。

 

売却相手は地元の実業家John Sherman氏と報じられている。同氏は現在インディアンスの共同オーナーの一人である。
売却額は10億ドル以上と見られているが、2年前にBruce S. Sherman氏らがマーリンズを買収した際の12億ドルを下回ると予想されている。
現オーナーのグラス氏は2000年にロイヤルズを9600万ドルで買収した。

 

ロイヤルズは「球団の売却の可能性に関する報道について、コメントする立場にない」と述べ、現時点でこれ以上のコメントは行われないとした。

 

◯レイズ所属の選手の家族が殺害される
レイズのマイナー傘下に所属するBlake Bivens(RHP/24歳)の妻と子供、義理の母がバージニア州で殺害されたとジェフ・パッサン 氏が伝えている。

 

容疑者はBivens投手の義理の兄弟で、名前はMatthew Bernard。年齢は18歳か19歳。

 

レイズは「彼をできる限りサポートする」と声明で述べた。

 

参考記事

「Sources: Royals owner negotiating sale for $1B 」

https://www.espn.com/mlb/story/_/id/27479166/sources-royals-owner-negotiating-sale-1b

 

「Family of Rays prospect killed in triple homicide 」

https://www.espn.co.uk/mlb/story/_/id/27480300/family-rays-prospect-killed-triple-homicide