2018年ドラフト戦力均衡ラウンド

2018年ドラフト戦力均衡ラウンドAとBが決まりました。

 

戦力均衡ラウンドA

31 パイレーツ

32 レイズ

33 オリオールズ

34 パドレス

35 ダイヤモンドバックス

36 ロイヤルズ

37 インディアンス

38 ロッキーズ

39 カーディナルス

 

戦力均衡ラウンドB

70 マーリンズ

71 アスレチックス

72 レイズ

73 レッズ

74 ブルワーズ

75 ツインズ

 

戦力均衡ラウンドの指名権はトレードすることができるため、ドラフトのスロットマネーを増やしたい球団にとっては魅力的なものとなっていて価値が上がっています。

 

※全体32位指名権は17年ドラフトでレイズがドリュー・ラスムッセンと未契約に終わったため補償指名権となっています。

 

参考記事 2018年ドラフト指名順